国産大豆の豆腐茶屋 湧水亭(横浜町)

2010.06.14,15:01 by IT活用サポーター 大室/カテゴリー:グルメ サポート活動 企業 店舗

三沢から下北へ出張の際、毎回必ず行き帰りに目にとまるこの大きな看板。

そう、手作りのお豆腐屋さん、あの有名な「湧水亭」さんです。
遠くからでもこの「頑固どうふ」の文字が目立ちます!
通るたびに毎回多くのお客さんで賑わっている湧水亭。なんともう19年目なんだそうです。

元々は豆腐の卸売をしていたそうなのですが、それをやめて自店のみの小売業に。
私も何度かお豆腐やドーナツを買った事がありますが、その味といったら本当に1度食べたらやみつきに!
他では絶対に味わえない、湧水亭さんだけのおいしさなのです!

そんな湧水亭さんの取材、ワクワクしながらのスタート☆

まず、上の写真を見ても分かるように、看板のすぐ隣にはこのキレイな湧き水が。
そして「八大竜神」と「湧水神」 という水の神様が祀られています。

お豆腐作りには水を沢山 使います。良い水を使ってこそ美味しいお豆腐が出来るので、
この湧き水は神様からのありがたい授かりもの、「常にお水に感謝しよう」という感謝の気持ちから
このお水の神様を祀っているそうです。
おいしいお豆腐を作るにはまずこの感謝の気持ちが大切なんですね。このお話を聞いてさらに湧水亭さんのファンになってしまいました!
店内にはこのお水で作ったお豆腐や豆乳、その他関連商品がズラリ!

いろいろな種類のお豆腐や厚揚げ、豆乳を使ったヨーグルト、白玉ぜんざいまでたくさん。
湧水亭の小川紀さんに お話を聞いたところ、やはりこだわりは「国産大豆を使用する」ということ、そして「手作り」。出来あがりまでの過程では途中機械を使うこともあるけれど 、やはりにがりを入れたり固めたり、大事なところは全て手作りにこだわっているそうです。やっぱり手作りにかなうものはありませんよね。

こちらの豆乳はオススメ商品のひとつで、完全に無調整。
何も手を加えない、そのまんまの豆乳です。それも、国産大豆。おいしくって体にもいい事間違いナシ!

そしてこちらはネーミングがおもしろい「頑固どうふ」と「ありがとうふ」。

個人的に「ありがとうふ」という名前がかわいくて好き。
この「ありがとうふ」 は、なんと社長さんが酔っぱらった時に付けられた名前なんだとか(!)
もともとは「栄養どうふ」という名前にする予定だったそうなのですが、、、
社長さんがお酒を飲みほろ良いになった時、日頃のお客様への感謝の気持ちから「ありがとう」と「とうふ」をかけて、「ありがとうふ」にしよう!!という考えが生まれ、このネーミングがつけられたそうです。

なるほど、この名前にはそんなエピソードがあったのですね^^
でも、お酒を飲んでいる時でも常にお客様に感謝の気持ちを持っている社長さん、、、素敵です!

こちらはお豆腐ではないのですが、小川さんオススメ、野辺地産のかぶの漬物☆
野辺地のおいしいかぶを使用して作った漬物はお客さんからもすごく好評だそうです。

こちらは先程紹介した龍神様が祀られていたところの湧き水で作った龍神こんにゃく、その名も「りゅうこん」。

そして小川さんが「影の主役です!」と言うこちらは、おとうふの白玉ぜんざい。

私もいただきましたが、これがまたおいし~~~い!!!
今まで食べていた白玉の常識を覆された気分でした(笑)

何もつけなくても白玉に深みがあるというかコクがあるというか・・・濃いのです!とにかく、何もつけない白玉だけでもすっごく美味しい!
食感も柔らかすぎず堅すぎず食べやすいし、もちもちしてすごーくおいしい☆その上にのった餡も また甘さ控えめで白玉との相性抜群!! これは私もハマっちゃいました~♪

最後に気になったのがこの灰色っぽいお豆腐、「鞍かけとうふ」。

お豆腐=白というイメージだったのでちょっとびっくり。
なんと、この白×黒のこちらの豆を仕様しているから この色になるのだそうです!

なるほど、おもしろ~い!!
という事で購入してみましたが、豆の味がしっかしして、濃厚クリーミー!
お醤油をかけなくても豆腐の味だけでとっても美味しく食べられちゃいました!

その他、店内では炭火で焼くみそ田楽やこんにゃくなんかも販売していました。
始めに紹介した湧き水同様、店内の休憩所で頂く事ができますよ☆
旅の一休みにいかがですか??^^

さぁ、ここまでいくつかの商品をご紹介してきましたが・・・湧水亭さんと言えば!
やっぱり、おからから作ったこの「卯の花」ドーナツですよね!!
皆さんもこの話題を待っていたのではないでしょーかっ??

お豆腐屋さんでドーナツ?と思いますが、豆乳を絞った際に残るおから。そのおからから作ったドーナツなんですね~!
この卯の花ドーナツは湧水亭さんを代表する商品の一つではないでしょうか☆

他のドーナツには無いもちもちとした触感が最高で、ほんのりとした甘さがふわっと口の中に広がります。
甘すぎず、しつこくなく、誰にでも愛されるこの素朴なおいしさがやみつきになってしまいます!リピーターが多いのも納得。

この卯の花ドーナツですが、なんと1日の売上の半分はこのドーナツが占めているそうです!!人気商品だとは思っていましたが、そこまでだとは!これには本当に驚きました。
このドーナツ1種類の売上と、お豆腐全種類を足した売上がほぼ一緒なんだとか◎
長年、本当に多くの人に愛されている証拠ですね!!

特別にこの卯の花ドーナツが揚がるまでをカメラに収めさせていただきました 。
まず、機械を使ってアツアツの油の中へドーナツの生地を落としていきます。

そして箸を使って素早くひっくり返していき・・・

いい色にこんがり揚がったら・・・

お砂糖をまぶし、出来あがり☆
すごく素早い作業で、あっという間に沢山のドーナツが揚がりました!

これぞ長年愛され続けている湧水亭さんの卯の花ドーナツ。

気になるお値段はというと・・・

安いっ!!!!
1個53円!!!!
箱入りの10個セットでも530円!安っ!!
私も箱入り2箱購入してしまいました☆

小川さんに、ドーナツを上手に揚げれるようになるためのコツは?と尋ねると、
「沢山ヤケドする事ですかね!!」と、ニコニコ意外な答え!
見ると小川さんの腕にもいくつかやけどの跡が・・
やはり何度も何度も数をこなしてうまくなっていくそうです。
一人前になるには1年くらいかかるんだとか。こうしてヤケドをしたり、様々な努力をしておいしい卯の花ドーナツが生まれるのですね。なるほど、勉強になります!

こんなにおいしく、しかも値段もとっても良心的な湧水亭さん。
これは毎日混んでいるはずですね。

もちろん地元の方だけでなく、いろいろなところからお客さんが来るそうです。
特に、日本の中でも豆腐好き、豆腐の消費量が日本一の岩手県ナンバーの車がとても多いんだとか!
平日でも必ず1~2台は岩手ナンバーの車が来るそうですよ。

皆さんも下北へ行く際にはぜひ、横浜町にある湧水亭さんで一休みしてみてはいかがですか?^^

湧水亭さん、本日はお忙しい中本当にどうもありがとうございました☆
また寄らせていただきます♪♪

湧水亭

上北郡横浜町字吹越97‐1
TEL  0175‐78‐2233
営業時間 9:00~19:00
定休日  毎週月曜日(祝日の場合翌日)

コメント内容




このサイトについて | 運営会社 | お問い合わせ |