美味小屋 蛮(うまごや ばん/むつ市大湊)

2010.06.17,21:32 by IT活用サポーター 佐々木/カテゴリー:グルメ

『もう一度行きたくなるお店』

みなさんはどこですか?
わたしはこちらの美味小屋 蛮!!!

「美味小屋 蛮」って書いて、(うまごや ばん)って読むんですよ^^

蛮さんの魅力を今日はたっぷりお届けします。
その前に以前の記事をチェックしてくださいネ^^ →→→ 美味小屋 蛮

ではでは、蛮さんのマスターのご紹介からしましょう。
こちら、マスターの扇谷さん。

今日で2回目のわたしたちをとても歓迎してくれるんです。
やさしくてやさしくて、ついつい甘えがちな私たち。
何といっても今日は火曜日、、、取材なんかしてる場合じゃナイんですよ、ホントは。
毎週火曜日は、このお店の定休日なのですから~~~!!!
そうなんです、定休日にも関わらず取材に応じてくれてるんです、涙、涙、涙、、、
嬉しいかぎりです。
そんなマスターに代わって、今日は私目線で蛮の楽しみ方をまとめてみました。
それではどうぞ。

むつ市の大湊に蛮さんはあります。
国道338号線沿いで、大湊駅のすぐ近く。分からない時は歩いているヒトに尋ねてみてください。
みなさん、親切に教えてくれますから^^

お店に入ったら窓側の席に案内されると思います。
天気が良ければ、釜臥山が間近に見る事が出来ますよ。
マスターやスタッフさんの配慮ですネ♪

ここでPOINT1
オススメは、、、カウンター!!!

大勢ではちょっとムリですが、2~3人であればマスターとお話できるカウンターにしてください!
緊張は一切無用。
大丈夫です、こちらから話をしなくてもマスターが声をかけてくれるはず^^

わたしたちの時もそうでした。

店内にかかっている曲 ~♪♪♪~
いったい誰だろう、スゴく聞きやすい声の女性ボーカル???と思っていると
「これ、この曲知ってる? むつ市出身のシンガーなんだよ」
「どちらから来たの?」
「今日はお仕事?」
ってなカンジで、すっかりマスターのペース、笑

入店して5分。
マスターとの会話も弾んできて、緊張がほぐれてくる頃ですね。

ここでPOINT2
店内を見渡してみる!!!

 

見渡すと壁には沢山の額が飾ってあると思います。
わたしたちが以前見たのは写真でした。いえ、正しくは写真のようにリアル感のある絵画でした!!!
どれも県内の画家さんの絵で、展示場所として店内を開放しているそうです。
今回は明るい色の絵が多かったですね。


入口近くの絵には驚きましたよ。
なんと、木に描かれていました(驚)
年に何回か変わるそうなので、ちょっとしたギャラリーみたいになってるのもオシャレですよね~。
お店の雰囲気にとっても似合ってます。

わたしたち、下北のお店を回る時はたいてい下調べをします。
みなさんと同じようにネットで「下北 グルメ」とかで検索したり、口コミ情報を確認したりしてます。
蛮さんの事もブログなどで知りました。キーワードは「アランドロン」!

アランドロンは超~有名な蛮さんオジリナルメニュー。
以前もご紹介してますが、改めまして。
ジャーーーーン!!!!! こちらがアランドロンです^^

う~ん、美味しそう♪
お皿の中央部に注目。
キレイに型取られたライスの上に、丸~いメンチカツ。中にはトロトロのチーズが入っています。

そう!ここでみなさんだったらどうやって食べます???

POINT3
料理番組みたいにメンチカツを縦真っ二つに切ってはダメダメ!!!

ちょっと難しんですが、チーズが中からこぼれない様に、ナイフを横にして切ってください。
そうすると食べる時にチーズが全部こぼれないでしょ?!

 

これもマスターから教わった、アランドロンの美味しい食べ方ですよ。
ナイフは横!ハイ、これ常識☆

さて食事も終わったし、そろそろ、、、
いえいえ、まだお会計は早いです。

POINT4
蛮のコーヒーを飲まずに帰っちゃダメ。

そう、この蛮さんではコーヒー、そしてできればデザートまで食してほしいですネ。
コーヒーはマスターのお気に入りカップに注いでいくれます。どれもこれも素敵なカップばかり。

そして〆にはチーズケーキを召し上がれ。
焼き立ても美味しいですが、冷めたころのしっとり感がまたたまりませんヨ。

POINT5
次に来たときはPIZZAを食べてみよう!!!

PIZZAはソースも生地もすべて手作り。
ホワイトソースも美味しいし、ひき肉たっぷりのボロネーゼは絶品☆

こんなに語ってきましたが、
そんなことは気にせず自分の楽しみ方を探ってみてくださいネ☆

マスター!!!
定休日にも関わらずありがとうございました。
また、遊びに行きますので、ヨロシクお願いします^^

【美味小屋 蛮】
青森県むつ市大湊新町16-2
0175-29-3347

 

コメント内容




このサイトについて | 運営会社 | お問い合わせ |