佐井村のぬいどう食堂

2010.07.29,13:23 by IT活用サポーター 佐々木/カテゴリー:グルメ

6月のウニ祭りも終え、観光シーズンまっさかりの佐井村から
美味しい情報をお届けします。

ルートは国道338号線を佐井のアルサスから南下します。
途中には、男女が抱き合う姿に見える「願掛岩」があったり、

くねくねした山道の途中にサルが出没したりと、何回通っても飽きることのない道路です。
やっぱり山道なのでスピードは出さずにゆっくりゆっくり。
冬はさらにゆっくりを心掛けないとダメですね。

山を何個か越えたところにあるのが、「福浦」という集落です。
アルサスから時間にして約30分。

「なぜここに案内するの?」
と思うでしょう??

ここには良子さんという元気なお母さんが、食堂を経営しています。
佐井村の歌舞伎の館のすぐそばです。

もちろん歌舞伎の館にも興味がありますが、
でも目的はこのお母さんの食堂です^^

ぬいどう食堂の名前の由来は、
店の前から見える「縫道石山(ぬいどういしやま)」から名づけたそうです。

そして店の中には、今まで取材された新聞記事や写真、サインの数々、、、
つい最近だと、6月に“舞の海さん”がきたと話してくれました。いつの放送になるのでしょう?
サインもありましたネ。

ここまでみんさんを魅了するモノってなんだと思います???
“百聞は一見にしかず”

ご覧いただきましょう!

まずは中里Mの「四色丼」☆
マグロ、イクラ、イカ、ウニの四色丼!ウニが盛り上がってます。
いったいウニ何個分?なんて質問はナンセンス。
まず食べてみろ!ってばかりに、自己主張しているドンブリです。

今日は板柳町のゲストを連れてきたんですが、この盛りと新鮮さに驚いてました☆
彼が注文したのはこちら。
歌舞伎の館にちなんだ、その名も歌舞伎丼!

ウニ、イクラ、イカ、そしてアワビのどんぶりにわたしたちも大興奮☆☆☆

味ですか?
文字に表しても伝えにくいので、食べに来てください!!!
んまい!の言葉しか出てこないですから!!!

この時期は、電話してから来てください。
「生ウニ」がないときもありますので、心配な方は必ずTELしてくださいネ。
【ぬいどう食堂】
青森県下北郡佐井村大字長後字福浦川目15-1
0175-38-5865
営業時間 10:30~18:00(9月以降17:00まで)
12月~3月は休業、営業期間中は不定休

コメント内容




このサイトについて | 運営会社 | お問い合わせ |