むつ市のアンバター(吉田ベーカリー)

2010.12.06,11:56 by IT活用サポーター 佐々木/カテゴリー:グルメ

むつ市のパン屋さんには必ずあるモノ!

それが『アンバター』

でも他のところと違う点がひとつ。
アンバターは店頭にはありません、、、

では、どこにあるのかと言うと、、、

お店のヒトに言えば、その場でアンとバターを塗ってくれるのです。
そう!むつ市のアンバターは、注文してから作るオーダーメイドです。

アンバターの他にも、「きなこ&チョコ」や「サラダ&バター」はお客さんから大人気。
さらに通な方はトリプルオーダーも!

あなたの好きなスプレッドを好きな組み合わせで塗ってもらい
むつっこが昔から食べているソールフードを楽しみましょう♪♪♪

■■■■■ アンバターが出来るまで ■■■■■

(有)吉田ベーカリー 代表取締役 吉田さんにお話しを聞きました。

昭和30年代、パン屋の職人さんたちが
“こびり(直訳:小さい昼・・・午前、午後の休憩時間のコト)”に食べていたのが始まりとか。

むかしは、食パン1斤の両端の耳の部分を切り落とし販売していたんだそうです。
その切り落とした耳部分は、職人さんたちがおやつとして、バターやあんこをつけて
食べていました。
そのおいしさや珍しい組み合わせが、当時出入りしていた業者さんの間で話題になり
試しにお店で販売することに。

初めはあんこやバター、ジャムといった単品のサンドパンを販売してましたが、
お客さんからの人気とともに、定番以外の要望も増えていき、
お好みに合わせて「注文してから塗る」という、今のスタイルが出来上がったそうです。

これも全て、お客さんのニーズに応えたいという気持ちのあらわれなんでしょうね。ステキですネ。

吉田ベーカリーさんでは、あんこ、バター、チョコ、きなこ、、、など単品9種類を用意されています。
食べたい組み合わせや不思議な組み合わせを楽しんでみてください☆

【お店情報】
有限会社 吉田ベーカリー
住所:むつ市新町9-25
TEL:0175-23-0148
URL:http://www.mutsucci.or.jp/cin/ki/yoshidabakery.htm

   


このサイトについて | 運営会社 | お問い合わせ |